So-net無料ブログ作成

江戸時代の高級遊女が使っていた、自分 をより高く見せるノウハウを学ぶ

 

2


女性であるあなたは、彼氏との深い関係を

結ぶのは、どのタイミングですか?

 

自分を高く売るテクニックを

江戸時代の遊女が使っていたのですヨ

 


これまでの、自分のやり方で上手く

行きましたか?

 

相手の要求にすぐにOKでは、本命に

なるのは、難しいね!

 

反対にいつまでも引き伸ばし過ぎるのも

逆効果ですが。

 

このテクは、男性にご奉仕のプロである

“花魁(おいらん)”のやり方が参考に

なるでしょう。

 

このテクニックは人間心理を読んで

行うものなのですよ。

 

1


花魁ってどんな職業なの?

 

江戸時代に江戸郊外に作られた、

公許の遊女屋が集まる有名な遊廓

のひとつである吉原には、数千人

もの遊女が働いていたと言われて

いたと言われています。

 


この遊女にはランクがあり、上と

下のランクでは料金が天と地ほども

違っていたそうです。

 

4


下のランクの遊女の仕事は、客の要求に

応じてお金を受け取り、すぐにお客に奉仕

する、遊女=身体を売ると言う

形式ですね。

 

逆に、いちばん上のランクの遊女、花魁

(おいらん)となれば、すぐには身体を

許しません。

 

花魁と寝るには厳しく

定められた、

手順があった様です。

 

これからその過程をご紹介しましょう。

 

花魁のすごい焦らしのテクニック!

 


◎初日:出会い


花魁が勤めるお店をお茶屋と言い、ここで

花魁とお客は出会うことになりますね。

 

出会った最初は、このお茶屋で宴会を催す事に

なるのですが、上座はお客ではなく花魁が座ります。

 

客が払った金で買われているはずの花魁ですが、

この宴席では逆に花魁の方がお客の品定めをする

事になります。

 

この日お客は、花魁の身体に指一本も触れられず、

なんと会話をすることもできません。

 

お客は芸者や宴会を盛り上げる務めの男の太鼓持ち

等を大勢呼んで自分の財力を誇示します。

 

いくら大金を使っても、花魁がお客を気に入らなけれ

ばここでおしまいです。

 

3

 

◎二日目:ちょっとだけ花魁に近づける


初日と同じように宴会を開く事になりますが、

この時に少しだけ花魁とお客との心理的な距離

は縮まることになります。

 

また物理的に少し近くに来てくれますし、

会話も少しできますが、基本的なことは初日と

同じです。

 

 

◎三日目:やっと本題に!

ここまでくれば、ついに“馴染み客”として花魁

に認められ、急に優しくなってくれます。

 

ここでやっと、客がここお茶屋に来た主な目的で

ある花魁と寝ることができるのです。

 

帰る時にはちゃんと名残惜しそうに見送って

くれます。


心理的テクニックを使った、この仕組は、

お客が大金を支払っているにも関わらず、

花魁はものすごく居丈高な態度ですね。

 

しかし、自分のやるべき仕事を行なっていない

ということではありません。

 

これら花魁の一連の行動は、売るのは身体だけ

ではなく、同時に恋人気分も提供している行動

を取っている事になります。

 

お客が早くほしいと思う行為を行うまでの

プロセスを楽しませ、じらして、お客をときめかせ

夢中にさせるためです。

 

参照先

http://news.livedoor.com/topics/detail/9661110/

 


本命になるためには自分の「価値」を高めること

そのテクニックがここに表れていますね。


貴方の大事な彼の本命になるには、彼の中にいる

あなたの「価値」を高めなる必要があります。

 

6


江戸時代、男性をビジネス相手としての専門職の

花魁が取った行動は今でも立派に通用する

テクニックでしょうね。

 


私自身、男性としてある女性に自分に対して

そのような行動を取られたら本命にするでしょうね。

 

ただ、そのテクニックは理屈はわかっても

行使するにのは簡単ではないでしょうが!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。